結果にびっくり!介護事務通信講座のメリット

介護事務

介護事務の仕事はこれから高齢化社会がまだまだ進むにつれて、介護事務が活躍できる職場は増えると考えられていますからどんどん増えてもおかしくないのが現状でしょう。

そのために介護事務の仕事をすることが出来るようにするためにも、介護事務の資格取得が望ましいとされています。

しかし介護事務の資格といっても一つではありません。
ケアクラーク、介護事務管理し、介護事務実務氏、介護保険事務士、介護保険事務管理士、介護事務管理専門秘書検定資格などがありますから色々です。

そしてこれらの資格は、通学でも、通信講座を受講しても資格を取得することが出来るのですが、通信講座なら、自分の都合のいい時間に合わせて勉強をすることができます。

今仕事をしている人でも、仕事の合間や、家に帰ってからの時間を利用して行うことが出来ますし、そして子供さんが小さい人でも勉強をすることができるのでおすすめです。

介護事務の通信講座を受けるメリットは、様々な会社でいろいろな種類の介護事務の資格取得の講座があるので、自分の好きな講座を選ぶことが出来ることです。

そして自分の好きな時間に勉強ができることも最大のメリットといえるのではないでしょうか。

10秒で解消 介護事務通信講座のデメリット

デメリット

介護事務の勉強を通信講座で受けるメリットは色々とありますが、デメリットもあります。

デメリットとして考えられることは、講座の種類が多すぎるので、どれを選べばいいのかわからないという点が一つ目の点です。

講座の種類が多いのでどれがいいのかわからないこともあります。

またサポート体制についてもそれぞれの会社ごとに違っているのもデメリットといってもいいでしょう。

そして、自分の都合のいい時間に、自分の好きなペースで勉強をすることができるというメリットがありますが、それはメリットでもありデメリットにもなります。

自分のペースで計画的に続けることが出来る人ならいいのですが、ちゃんと続けられない人もいると思いますから、通学で勉強をするよりも時間がかかってしまったり、ちゃんと勉強が出来ない、挫折してしまう人もいるのです。

ですから、通信講座で勉強をすることはメリットのようで、デメリットでもあり、自分の性格に合う人でなければ、きちんと最後までやり遂げることがなかなか難しいかもしれません。

また、一人で勉強を進めるわけですから、質問をしたかったり、わからないことがあったときに、サポートセンターに問い合わせをしなければいけなかったり、問題が解決することがないかもしれません。

不況時代に重宝する介護事務の資格

介護事務は介護事業を運営していく上では、とても重要な介護報酬請求業務を行うのが仕事です。
介護保険はサービス費用の1割を利用している人が負担をして、9割は保険者である、市町村や国が負担することになっています。

これらの支払い請求をすることは介護報酬請求といいます。
これを利用者に代わって病院や介護施設で行っているのが介護事務の仕事なのです。

介護事務の仕事はそれ以外にも、ケアマネージャーをサポートする、書類を作成する、また他の事業所と連絡を取り合ったり、電話の応対をしたり、受付をするなどの仕事もそれに含まれます。

言ってみれば介護事務の仕事がいなければ、介護事業所は成り立たないといっても過言ではない、縁の下の力持ち的な存在、それが介護事務の仕事なのです。

介護事務の仕事をするためには介護保険制度についての知識は勿論のこと、それぞれの介護サービスの知識、それについて説明できる力、介護報酬の計算やレセプトの知識、受付の業務なども出来なければいけませんし、パソコンを使って仕事をしますから、パソコンも使えなければいけません。

介護事務の仕事をするなら勉強をしておいたほうがいいでしょう。

介護事務資格取得のポイント

介護事務の資格を取得するために

<資格の種類>
認定資格なので開講されるスクールによって資格名称は異なりますが、内容に大きな違いはありません。

<受験資格>
特にありません。

<合格率>
6~7割

しっかり知識をつけてから働きたい方は、ぜひ検討してみてください。
通信講座・通学講座が選べるので、自分に合ったスタイルで受講しましょう。