結果にびっくり!医療事務通信講座のメリット

医療事務

今女性に人気のある資格の一つでもある医療事務ですが、なぜ人気があるのでしょうか。

医療機関は全国に沢山ありますから、働き口もその分沢山あるので、どこへ行っても働くことができること、そして仕事のシフトなどが結婚してからも続けやすかったり、子供が生まれてからも続けられることなどから女性に人気があるのです。

しかも医療事務の資格は通信講座でも取得することが出来ます。
家で勉強をして資格を取得して、そしてすぐに働きに出ることができるので、とても重宝する資格でもあるのです。

特に女性の場合には家で通信講座を受講して資格を取得することができるということは、子供が生まれて小さいので外に出れないうちでも、自宅で資格取得を目指すことが出来ます。

また仕事をしている人も帰ってから勉強をしたり、休日を利用して資格取得を目指すことができることから、医療事務を通信講座で受講する人はとても増えているのです。

自分の都合に合わせて、自分のペースで資格を取得することが出来る点が、一番のメリットになるでしょう。
このメリットがあるので現在女性の多くが通信講座で資格取得を目指しています。

10秒で解消 医療事務通信講座のデメリット

デメリット

医療事務の仕事というのは自宅で通信講座を受講することで取得することが可能なのですが、自宅で手軽に都合に合わせて、自分のペースで勉強をすることができるということは、メリットでもあり、実はデメリットにもなるのです。

自分の都合で進められるということは、言い換えれば三日坊主の人は、どうしても続けることが出来ず、学校で勉強をすることができれば、スムーズに資格を取得することが出来たかもしれないのに、自分のペースだとなかなか勉強が続かないことがあるのです。

自分のペースで続けることができるということは、それだけ強い意志が必要ですし、それは結果的にデメリットになるかもしれません。
お子さんがいて、自宅で勉強をすることができるが出来ることはとてもよいことですが、お子さんが常に静かにしてくれているとも限りませんし、勉強をしたいと思っていても勉強がはかどらないことだってあるかもしれません。

思い通りに勉強が進まないこともあるでしょうから、医療事務の勉強を通信講座で行うということは思った以上に大変であるとおもいますから、強い意志と計画が必要です。

不況時代に重宝する医療事務の資格

医療事務とは、病院の入り口で、受付をしてから会計を済ませて病院を出るまでに大勢のスタッフがいると思いますが、医療事務員は受付などでお会計などをしたり診察券を預かったりする、いわば病院の窓口的な存在です。

国家資格を持っている医師、看護師などは少し患者さんにとっては、声をかけづらい存在で、雰囲気が硬いと思っている人もいるのではないでしょうか。
その点病院の受付や会計、電話をかけたときの人が優しくて、対応が柔軟だったら、ほっとした経験がある人も多いと思います。

医療機関で働いている人の中で、事務の仕事をしている人というのは医療事務といわれています。
例えば病院の特殊の事務であるレセプト業務といわれる診療報酬請求業務や、先ほど行ったような受付の仕事、会計の仕事、電話対応などをしています。

医療事務の仕事は女性にとても人気のある仕事で、資格を持っていれば、全国の医療機関で仕事をすることができますし、比較的働きやすい時間帯であることから、医療事務の資格を取得していれば結婚をしてからも続けられますし、子供が生まれてからも続けることが出来る仕事ですから、女性に人気の資格です。

今医療事務の資格を取得しようと思っている人はとても増えています。

医療事務資格取得のポイント

医療事務の資格を取得するために

<資格の種類>
厚生労働省が認可しているものや各民間団体が独自に認定しているものなどさまざまです。
厚生労働省が認可しているものとして、『診療報酬認定事務能力認定試験』や『ケアクラーク』などがあります。

<講座内容>
医療保険請求業務やレセプト作成業務の基礎、会計業務、医療OA事務など各講座によってさまざまです。

<受験資格>
特にありません。