結果にびっくり!医師事務作業補助者通信講座のメリット

医師事務作業補助者

医療事務の資格の中では、国内最大規模で、1年間に毎年6万人が受験しているといわれているのがこの資格ですが、通信講座を受講すれば、実務経験の必要なしで受験資格をもらえる通信講座もあります。

自宅でにいながらにして、標準学習期間は5.5ヶ月ですから、半年程度で医師事務作業補助技能認定試験の受験資格を得ることが出来ます。

仕事をしながらこの資格を取得したいと思っている人や、子供が小さくて今は資格を取得することが出来ない人にとっては、在宅で通信講座を受講して資格を取得することができるということは、大きなメリットですね。

仕事をしながら学校に通うことはなかなか時間的にも大変なことだと思いますし、お子さんが小さいと預け先の問題もありますから、なかなか資格を取得するということはできません。

その点家にいながらにして、資格取得のための勉強をすることが出来るということは大きなメリットになるのではないでしょうか。

質問体制なども整っている通信講座などもありますから、サポート体制など、その点の不安もないのではないですね。

10秒で解消 医師事務作業補助者通信講座のデメリット

デメリット

今人気で需要の高いとされている医師事務作業補助者の資格ですが、自宅でも勉強をすることができるので通信講座を受講して資格を取得したいと思っている人はとても多いと思います。

自分のペースで資格取得に向けての勉強ができるということはメリットである反面デメリットでもあるのです。
誰もが自分で計画を立てて、計画通りに勉強を進めていけるのならいいのですが、しっかり計画通りに進められる人ばかりですよね。

続けたいと思っていても意志が続かない人もいれば、三日坊主になってしまう人もいると思いますから、もしかすると学校に通っていれば計画通り資格を取得することが出来ていたのにもかかわらず、通信講座にしたことで挫折してしまう人も増える可能性もあります。

ですから、自分の都合で勉強をするということはそれだけ意志が固くなければいけませんし、なかなか大変です。

学校で資格を取得するよりも、時間がかかってしまったりしますので注意が必要です。

不況時代に重宝する医師事務作業補助者の資格

医療事務作業補助者とは、聞きなれない資格かも知れませんが、どのような資格なのでしょうか。
最近は救急患者がたらいまわしになるというような事態も少なくない時代になりつつあります。
病院で働いている医師の長時間労働も問題視されています。

これは医師不足が背景になり問題になっているとされているのですが、病院の勤務医というのは本来の業務というのは医療行為をすることですが、それ以外にも、診断書を作成したり、処方箋を作成したり、色々な事務作業もしなければいけません。

医師がスムーズに医療行為だけに専任できるようにするための資格、それが医師事務作業補助者の資格なのです。
その名の通り医師が医療行為に専念できるように、医師が作成する書類などの事務作業をサポートするのが仕事です。

今まで医師が行っていたような診断書を作成したり、処方箋を作成したり、検査の予約など、医師の指示を受けて、医師の代行でこうした雑務を受けることになります。

その分医師は雑務の負担が軽くなりますし、患者さんに対して適切な医療行為をすることができるようになりますから、医師の仕事を助けるために、医師事務作業補助者の仕事というのはとても重要なのです。

医師事務作業補助者資格取得のポイント

主な協会試験

■(財)日本医療教育財団
医療事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)
試験:年6回(5・7・9・11・1・3月)

【受験資格】
①教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「医師事務作業補助技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
②医療機関等において医師事務作業補助職として6ヵ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の実務経験を有する者
③認定委員会が前各号と同等と認める者