結果にびっくり!リフレクソロジー通信講座のメリット

リフレクソロジー

リフレクソロジーは国内外で今注目されているのですが、日本でもリフレクソロジーを受けられる場所が増えています。
リフレクソロジーの場所が増えているということは、それだけリフレクソロジーを行える人が増えつつあるということになるわけです。

リフレクソロジストになりたいと思ったら、通信講座を受けたり、養成スクールに通って、専門の知識を身に付ける必要があります。
施術方法を学んだり、リフレクソロジーの知識を学ぶためには学校や通信講座で勉強しなければいけないのです。

通信講座を受ける場合のメリットは、家にいながらにして知識や技術を身に付けることが出来ます。
自分のペースで勉強をすることができるというメリットもあるので、子供さんが小さくで、外に働きに出ることが出来ない人や、仕事をしながら資格を取得したいという人にとってもメリットが高い方法です。
通信講座の中には、スクーリングシステムを要所で取り入れたり、インストラクターが指導してくれるセミナーなどを開催しているところなどもありますからオススメですよ。

10秒で解消 リフレクソロジー通信講座のデメリット

デメリット

通信講座はやはり養成スクールに通って勉強をすることと比べるとかなり時間がかかります。

養成スクールに通って勉強をする場合には、自分のスタイルに会う受講期間が選べて、最短で3ヶ月程度で資格取得が出来るコースなどもあります。
短期間でリフレクソロジーの知識と技術を身に付けたいと思っている人にとっては、やはり、通信講座を受講して自分で勉強を進めるよりは養成スクールに行ったほうがスムーズに取得することができるので、通信講座は時間がかかってしまうというデメリットがあります。

また通信講座の場合には自分のペースで勉強できるということはメリットである反面、それが逆にデメリットになることもあるのです。
なぜなら、自分の意志で強い意志を持って、勉強をしていかなくては進まないからです。

何をやっても長続きしない人や三日坊主で終わってしまう人などは、なかなか続けることが難しいでしょう。

また通信講座はビデオをみて技術を身に付けますが、やはりスクールで実践で教えてもらうよりは、正しい技術を身に付くかどうか不安な面もあげられますね。

不況時代に重宝するリフレクソロジーの資格

リフレクソロジーという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。
リフレクソロジーとは、足裏にあるツボを指圧する、マッサージしたりして、そして健康を維持したり健康促進、体の不調を整えたりするのに効果のある健康法のことです。

足ツボ指圧は、不健康な場所があれば、痛みをかなり伴いますから、よくテレビ番組の罰ゲームなどにも使われるほど苦痛なことです。
しかし最近では、スーパー銭湯や温泉などでも、足ツボマッサージをしてくれるお店が増えてきました。

足の裏は第二の心臓といわれているのですが、全身のツボが足の裏に集まっているのです。
足ツボを押せば体の不調がわかるとも言われているので、足ツボマッサージをすることで体の不調を改善できるのです。

リフレクソロジーは、ヨーロッパでは医療としても正式に、科学的に照明されている方法で、日本ではリフレクソロジーは保険の対象にはなっていないのですが、ドイツやオーストラリアなどでは保険の対象になっているほど正式な医療行為にも当たります。

リフレクソロジーの方法は国によっても違いますが、中国式は足裏マッサージで全身の治癒力をアップさせますし、台湾式では、体調を知ることができる、イギリス式では、アロマを使いリラックス効果を高めるなど、国によってもリフレクソロジーの目的ややり方が違っています。

リフレクソロジー資格取得のポイント

リフレクソロジーの種類

◆英国式リフレクソロジー

欧米式のリフレクソロジーを日本人向けにアレンジしたものが、現在「英国式」として呼ばれています。欧米人は刺激に弱く痛みをストレスととらえるのでソフトなタッチで行われ、リフレクソロジーを受けることにより、リラクゼーションが得られることを重視し ています。

◆台湾式リフレクソロジー

スイス人の呉若石(本名ジョセフ・オイグスター)神父が台湾で普及させた健康法です。この健康法は欧州のリフレクソロジーに東洋医学の知識を加えたもので、俗称として「足ツボ」とも言われています。 足にたまった汚れを取るという考えに基づき、強く刺激するのが台湾式リフレクソロジーの特徴ともいえます。この施術方法は世界40カ国以上で実践されており、WHOにも健康法として認められるまでになりました。