結果にびっくり!メンタルケアトレーニング通信講座のメリット

メンタルケアトレーニング

持っていれば医療機関で働いている人や教育現場などで働いている人にとってはとてもメリットが高い資格となり、とても役に立つ資格でもあります。

資格を取得するためには、資格試験に合格をすればいいのですが、勉強方法としては通学か通信講座を選ぶことになります。

通信講座なら、仕事に行きながら夜に自分のペースで勉強をすることができます。
学校に通うと時間がかなり制限されますし、また学校に通うと自分のペースで勉強をすることができませんから、何かと負担が多くなります。

その点通信講座なら、自分のペースで自分の都合で勉強をすることができるので、仕事をしている人も、家庭で家事をして外に出ることが難しい人、お子さんが小さい人なども勉強をすることができます。

通信講座の試験も在宅での資格受験になりますから、自分のペースで都合のいいときに勉強が進められるのがいいですね。

10秒で解消 メンタルケアトレーニング通信講座のデメリット

デメリット

勉強も在宅で進めていくことが出来ますし、資格取得試験も在宅で受験可能なので、学校に行かなくても、すべて自宅でメンタルケアトレーニングの資格を取得するところまで出来てしまいます。

これだけきいていると通信講座を受ければとてもスムーズ煮資格取得が出来ると思った人も多いと思いますが、そんなに簡単なことではありません。

なぜならメンタルケアトレーニングの通信講座を自分で進めていくということはかなり意志を強くもって進めていかなくてはいけないのです。

学校ならカリキュラムや計画に沿って進めていくことになるのですが、メンタルケアトレーニングの通信講座というは、ある程度の計画に沿って自分で進めていかなくてはいけませんから、疲れたから休む、明日やろう・・・という気持ちでは挫折してしまう可能性が高いのです。

学校に通うことは面倒かもしれませんが、スムーズに取得できますが、通信講座は自分のペースで勉強できますが、それが逆に自分で進めていかなくてはいけませんから負担になることがデメリットです。

不況時代に重宝するメンタルケアトレーニングの資格

メンタルケアトレーニングとは、ストレス社会である現代では注目すべき資格でもあります。
現代社会で沢山の人がうつになりつつあるといわれていますが、それはストレスを溜め込んでいるせいかもしれません。
ストレスというのは体への影響をとても大きく与えてしまいますし、身体疾患だけでなく精神疾患までも引き起こすといわれているのです。

そしてこのメンタルケアトレーニングの資格というのは、メンタルケアの知識を持っている資格で、環境の変化にも常に柔軟に対応することが出来て、心の健康をサポートできる存在になれます。

メンタルケアトレーニングの資格を今取得する人はとても多いといわれています。
精神健康の維持をサポートして心の負担を、軽くする、予防するメンタルケアは、これからもストレス社会がどんどん進むといわれているので需要は高い資格とされているのです。

今とても注目されている資格で、メンタルケア心理士と呼ばれていることもあります。
在宅でもメンタルケア心理士の資格を取得することが出来ますし、心理カウンセラーのキャリアアップやスキルアップにつなげることが出来ます。
医療事務の仕事をしている人や介護事務の仕事をしている人などが持っていると役に立つ資格でもあります。

メンタルケアトレーニング資格取得のポイント

メンタルケア・トレーニングの主な協会検定

■メンタルケア心理士(R)
在宅で受験可能。試験は年4回、3・7・9・12月に実施。