結果にびっくり!チャイルドマインダー通信教育のメリット

チャイルドマインダー

子育てを現在進行形でやっているお母さんが、子供さんが小さいので、外に出て勉強をすることはできないけれど、家で資格取得のための勉強をすることができます。

仕事をしながらでも資格を取得したいけど、学校に通うことは少し大変だと思っている人にとっても、チャイルドマインダーの資格を通信教育で取ることが出来るので、自分のペースで勉強が出来ますからこれは大きいですね。

また学校に通うことよりも、比較的費用が安くつきます。
学校に通えば時間的にも制約されますし、忙しい人は勉強をすることがなかなか難しいですが、通信講座なら、自分のペースで勉強を続けることができるのでおすすめです。

通信講座なら、スキルアップやキャリアアップを考えている人も、手軽に夜、休日などを利用して勉強をすることができますからいいですね。
学校に通うとなると敷居が高いかもしれませんが自宅で勉強できるというのは、とても大きなメリットとなるでしょう。

10秒で解消 チャイルドマインダー通信教育のデメリット

デメリット

チャイルドマインダーの資格取得に限ったことではないのですが、通信講座というのは自分のペースで勉強をすることができる反面、それはダラダラと続けてしまったり、三日坊主になってしまうこともあります。

しっかりと自分で決めて勉強を続けている人ならいいのですが、それが出来ない人のほうがほとんどです。
自分のペースで勉強ができるということは、自分で計画を立てて勉強をしなければいけないことになりますから、それは結果的にしっかりと計画を立てて勉強することが出来ない人にとっては難しいかもしれません。

ですから、チャイルドマインダーの資格を、通学で取得しようと思っている人と比べると比較的取得するのに時間がかかったり、途中で挫折をしてしまう人が多いのが現状です。

通信教育でチャイルドマインダーの資格を取得したいと思っているのであれば、しっかりとした意志が必要であり、意志が弱い人や長続きさせられない人は、挫折しやすかったり、あまり向いていないでしょう。

不況時代に重宝するチャイルドマインダーの資格

チャイルドマインダーとは、家庭的保育の専門家のことを言います。
イギリスでは、すでに70年以上歴史があるといわれているのですが、家庭外保育を必要としているイギリスの7割以上の子育てをしている家庭が、利用しているとも言われているのです。

子供を預かる年齢は0歳から12歳で、子育ての家庭の方針に沿って安全で安心の保育をしてくれます。

1人のチャイルドマインダーが対応できる子供の年齢は、1人から4人となっていて年齢によっても違っています。
幼稚園の先生や保育園の先生とはまた少し違ったチャイルドマインダーはもう少し家庭に近い形で子供を預かることになります。

今日本では、保育士や幼稚園教諭、小学校教諭、看護師の資格を持っている人が、スキルアップをするために、チャイルドマインダーの資格を取ることもありますし、子育てを経験しているからこそできる主婦などが、チャイルドマインダーの資格を取得しています。

チャイルドマインダーの資格を取得した後は、自分で預かったり、預かる場所で雇ってもらったり働き方も色々とありますから、今人気の資格です。
女性に人気の資格で子供が好きだという人、子育て経験のある人にチャイルドマインダーはおすすめの資格です。

チャイルドマインダー資格取得のポイント

チャイルドマインダーの資格を取得するために

<資格の種類>
各民間機関が実施している認定資格です。

<取得方法>
養成校に通い受講を修了または、通信講座で学び検定試験に合格する必要があります。

<受験資格>
一般的に「高校卒業程度の学歴を持つ者」とするところが多いようです。