結果にびっくり!ガイドヘルパー養成講座のメリット

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーになりたいと思っている人は養成講座を受講することがお勧めです。
勿論ホームへルパー2級を持っていることが望ましい状態ではありますが、取得していなくても、ガイドヘルパー養成講座を受けて、ガイドヘルパーになることは可能なのです。

ガイドヘルパー養成講座を受けることで資格を取得できるので、家で自分のペースで資格取得が可能です。
主婦で何か資格を取得したいと思っている人、子供が小さいので家にいるから、その間に資格を取得したいと思っている人などにもおすすめです。

また介護をしているので、外に出られないけど、いずれ出たいと考えている人などにも、養成講座なら家にいながらにして勉強が出来るのでいいでしょう。
ガイドヘルパー養成講座なら、学校に行って資格を取得するよりも安い値段で受講することが出来ますから、料金的にメリットが大きいということもあげられます。

自分の空いた時間を利用して勉強を進めていくことが出来ますから、普段仕事をしていて学校に通ったりすることが出来ない人でも、仕事から帰ってきた夜や、休日に自分のペースで勉強できるというのが良い点ですからおすすめです。

10秒で解消 ガイドヘルパー養成講座のデメリット

デメリット

ガイドヘルパーの資格を取得したいと思っている人は、学校に通ったり研修を受けたりして取得するか、養成講座を受けるかということになるわけですが、どちらの場合がいいのでしょうか。

これは自分のライフスタイルに合わせて違ってくると思うのですが、時間がないので養成講座を選ぶ人もいるでしょう。
しかし養成講座は、自分の意志が固くなければ続けていくことが出来ません。

安易な気持ちで始めると、今日は疲れているから明日にしよう、そして明日は明日で、また明日にしようと、ずるずると続けることができなくなることもあるのです。

意志が固い人でなければ、なかなか家で勉強を自分で行うということは難しいのが現状です。
何をやっても長続きしない人、三日坊主の人にとってはデメリットになるでしょう。

またわからないことがあっても、すぐには質問できないという点もあります。
一人で勉強を進めていくので、孤立感や孤独感なども感じますから、それがきかっけで挫折してしまう人もいるのではないでしょうか。
それがガイドヘルパー養成講座を受けて勉強することのデメリットになるのです。

不況時代に重宝するガイドヘルパーの資格

ガイドヘルパーとは、視覚障害者、車椅子を使っている人、知的障害者の人が、外出をする際に歩行、車椅子の介助など安全面に気をつけながら、地域社会で自立した生活をすることができるように支援したり、社会参加が出来るように支援する資格です。

簡単に言ってみれば、ガイドヘルパーの仕事は、視覚障害者の人、身体障害者の人、知的障害者の人が外出をする際にお手伝いをするという仕事なのです。
これらの障害者の人たちと外出をするためには、ガイドヘルパーの資格が必要となっています。

ホームヘルパー2級の資格を持っている人は、知的障害者のガイドヘルパーもかねています。
ガイドヘルパーの資格だけでも仕事をすることは可能なのですが、ホームヘルパー2級の資格も一緒に持っていなければ、雇ってもらえないこともありますから、ガイドへルパーになりたいと思っている人は、ホームヘルパー2級も一緒に取得しておくとスムーズです。

安全に障害者の人たちが、外出をすることが目的であり、それが一番大切なことです。
とても責任重大な仕事であり、自分だけが気をつけていても難しいので、専門の知識などが必要ですから、しっかり勉強をして資格を取得しなければいけないのです。

ガイドヘルパー資格取得のポイント

ガイドヘルパーの種類

大きく分けて3種類あります。

・ 視覚障害者ガイドヘルパー
・ 全身性障害者ガイドヘルパー
・ 知的障害者ガイドヘルパー