結果にびっくり!登録販売者通信講座のメリット

	登録販売者

自宅で自分のペースで勉強をすることができますから、仕事をしている人にとっては、仕事の合間、仕事から帰ってからの時間を利用したり、また休日を利用して勉強をすることができます。

どうしても、働きながら通学をすることは時間的に難しい人のほうが多いと思いますが、通信講座なら、自分のペースで自分の都合のいい時間帯に合わせて勉強をすることができるので、とてもメリットとして大きいのです。

他にも、子供が小さくて、将来仕事をする日のために資格を取得しておきたい、勉強をしておきたいと思っている人にとってもおすすめです。
お子さんが小さくて家にいる場合でも、勉強をしていくことが出来るからです。

またお年寄りの介護があるので、外に今はいけないと言う人も、自宅で介護をしながら資格を取得することが出来ますからおすすめです。
これからも登録販売者の資格を持つ人の需要は高まり、ニーズも増えると予想されますから、自宅で勉強が出来て自分のペースで資格取得を目指すことができるということはとても良いことではないでしょうか。

10秒で解消 登録販売者通信講座のデメリット

デメリット

自分のペースで自宅で進められるということはとても融通が利くことではありますが、逆にいってみれば、自分のペースを守り、計画的に進めることが出来なければ、途中で挫折してしまったり、続けることができないこともあるからです。

計画を立てて、その通りに進めることが出来るくらいに、意志が強いという人ならいいのですが、そうではない人の方が多いかもしれません。
自分のペースで勉強をするということは、学校に行くよりも大変なことで、常に一定のモチベーションを維持させることというのはとても大変なことなのです。

ですから、登録販売者の資格を通信講座で受けるなら、三日坊主ではないという自信がある人、計画的に物事を進めることが得意な人などにおすすめしたいと思います。
なかなか思うとおりに勉強を進められるという人のほうが少ないのが現状です。

自分のペースを守って挫折せずに勉強が出来るなら、通信講座による勉強は向いているでしょう。

不況時代に重宝する登録販売者の資格

登録販売者とは、2009年から始まった新しい資格でもあります。
登録販売者の資格というのは薬剤師や医薬品の専門家と同じで、ドラッグストアや薬局で仕事をすることができますから、とても便利な資格です。

一般の医薬品の販売というのは、薬事法と呼ばれる法律によって規制が行われています。
そして2009年に、この薬事法が改正されたために、医薬品販売の制度はかなり変わってきました。
薬剤師がいる薬局、それ以外のドラッグストアなどの場所で一般の医薬品の販売が行われるのです。

一般の医薬品の販売を行う担当者の資格として、登録販売者という資格が出来ました。
薬剤師と何が違っているのかといえば、処方箋に基づいた薬の調剤が出来るか出来ないか、そして第一類医薬品の販売が出来るかできないか、それが薬剤師との違いです。

登録販売者は薬剤師がいなくても薬を販売することが出来ます。
ドラッグストアや薬局など、色々な場所で就職をすることができます。
独立開業も可能な資格でもありますし、働く先によっては、資格手当てがつくこともあるので、とても魅力的な資格とも言われています。
登録販売者の資格を持つ人の需要はこれからも高まるといわれていますから魅力ある資格です。

登録販売者資格取得のポイント

受験資格

・ 旧制大学及び旧専門学校において薬学に関する専門の課程を修了した者
・ 平成18年3月31日以前に大学に入学し、当該大学において薬学の正規の課程を修めて卒業した者
・ 平成18年4月1日以降に大学に入学し、当該大学において薬学の正規の課程(6年制課程に限る)を修めて卒業した者
・ 旧制中学若しくは高校又はこれと同等以上の学校を卒業した者であって、1年以上薬局又は一般販売業、薬種商販売業若しくは配置販売業の実務に従事した者
・ 4年以上薬局又は一般販売業、薬種商販売業若しくは配置販売業の実務に従事した者
・ 一般用医薬品の販売又は授与に従事しようとするに当たり上記に該当する者と同等以上の知識経験を有すると都道府県知事が認めた者