結果にびっくり!心理カウンセラー通信講座のメリット

心理カウンセラー

勉強をする時間がそれほどない人、学校に通う時間がない人、子供が小さい人、仕事をしながら資格をしたいと思っている人にとって、こうして心理カウンセラーの勉強を自分のペースで行うことができるということはとてもメリットが高いことだと思います。

またゆっくりとしっかり勉強をしたいと思っている人にとっても、自分の都合やペースに合わせて勉強をすることができるということは、大きなメリットとなるでしょう。

心理カウンセラーの資格取得のメリット、それは自分のペースでしっかりと勉強をすることができることです。

お子さんが小さくて学校に行くことができない人でも、仕事をしているので学校に通うことが出来ない人にとっても、通信講座はとても良い勉強法です。

勉強を計画を立てて自分で行うことが出来る人にとってはおすすめです。

10秒で解消 心理カウンセラー通信講座のデメリット

デメリット

通信講座は講師や同じ受講者がいるわけではありませんから、一人で勉強をしていかなくてはいけません。

ですから、勉強のやる気を常に維持することが出来ませんし、挫折しやすいとも言われています。
途中で挫折して、あきらめてしまっている人も実は通学よりも通信講座を受講している人の方が多いといわれています。
やる気というのはとても重要なことで、やる気をいかに維持できるかは、資格取得にとても重要なポイントなのです。

通信講座では、なかなかやる気をキープすることが難しいですからね。まずはそれをクリアしなくてはいけません。

そして心理カウンセラーの仕事は一人では出来る仕事ではありませんから、人と人とのコミュニケーションがとても重要な仕事です。
通信講座は一人で勉強を進めていきますから、どうしてもコミュニケーションをとらずに勉強を進めるので、その点がデメリットといえるでしょう。

不況時代に重宝する心理カウンセラーの資格

心理カウンセラーとは、どんな仕事なのでしょうか?
心理カウンセラーは心に問題を抱えている人の力になるのが仕事です。

現代はストレス社会といわれていますが、心の問題を沢山抱えている人が増えているといわれてます。
心理カウンセラーは心の問題を一緒に解決をするためにサポートしてくれる力強い存在です。

今ストレス社会といわれ、多くの人がストレスを抱えながら生活をしているのですが、ストレスが原因で心理的な病気になる人も少なくありません。

自分の力で心理的な病気をケアすることが出来ればいいのですが、専門家の力が必要になることもあります。
心理カウンセラーは様々なストレスで病気を抱えてしまった人の心を癒すことを目的として、支援してくれます。

心理カウンセラーといっても、種類がいろいろとあり、臨床心理士、論理療法士、行動療法氏、家族相談士、交流分析し、教育カウンセラーなど、実に沢山の種類があります。

これらすべてを含めて心理カウンセラーと呼んでいますが、それぞれの患者さんに合わせて専門的に心理的な支援をしていくというのが心理カウンセラーの仕事です。

ストレス社会である現代は、心理カウンセラーの需要は高いといわれています。

心理カウンセラー資格取得のポイント

心理カウンセラーの資格を取得するために

<資格の種類>
心理カウンセラーは国家資格がなく、各民間機関による認定資格となっています。
代表的なものでは、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理士があります。
また、勤労者の心のケアを目的とした産業カウンセラー、在学者の心のケアを目的としたスクールカウンセラーも有名です。

どういった方のケアを目指しているかを元に選び、講座を検討してみるとよいでしょう。