結果にびっくり!介護福祉士通信講座のメリット

介護福祉士

介護福祉士の通信講座を受講すれば、実務経験さえあれば、学校に通わなくても資格試験を受験することが出来ます。
ですから、誰でも、介護福祉士になることが出来るのです。

介護福祉士になるためには、一般的には養成学校を卒業しなければいけないことになっていましたが、通信講座で勉強をすれば受験をすることができます。

学校で学ぶであろう知識や技術なども、身に付けることが自分の自宅でも、自分のペースでも身に付けることが出来ますから家にいながらにして勉強することが出来るのです。

お子さんが小さくて、学校に通うことが出来ないという人でも、実務経験を積みながら勉強を通信講座で行うことが出来れば、介護福祉士の国家試験を受験する事ができるのです。

介護福祉士の通信講座のメリットとしては、自分のペースで、働きながら勉強をすることができるという点にありますから、ぜひ受講して学校に行かなくても、受験してみるといいでしょう。

誰でも通信講座を受講すれば介護福祉士の勉強に必要な知識と技術を身に付けることが出来るのです。

やはり資格取得も自分のペースで自分の都合のいいときに出来るのがいいですね。

10秒で解消 介護福祉士通信講座のデメリット

デメリット

自分のペースでできるということはとても良いことに思えるかもしれませんが、それは計画的にきちんとやり遂げることが出来る人にとっては良いことだと思います。

しかし計画的に物事を進めることが難しい人や、人によっては三日坊主で、集中力がそれほど続かない人もいるのです。
学校に通っていれば、学校に行けば教えてくれますし、進んでいきますが、自分で勉強をすることになれば、強い意志が必要ですからなかなか大変です。

介護福祉士の通信講座は、受講すればそれで資格を取得できるということではなく、資格を取得するための国家資格を受験するのに必要な知識や技術を身に付けることが出来ることになります。

学校に行けば卒業をすると同時に資格が取得できますが、それが出来ないのが通信講座のデメリットです。

自分の都合で勉強を進めることがきちんと出来る人、得意な人にとってはいいのですが、そうでない人にとっては勉強を続ける事が難しいので通信講座は向いていません。

不況時代に重宝する介護福祉士の資格

介護福祉士は専門的な知識をもっていて、技術を持っている人が、認知症や寝たきりのお年寄りなどのお世話をする仕事です。

認知症、寝たきり、障害のある人などが、日常生活を快適に、支障なく過ごすことが出来るようにするために介護をします。

入浴や食事を手伝う、排泄の介護などを主に行っていきます。
本人だけでなく、介護する人、家族に対しても介護にかかわる、様々な指導をしていくのが介護福祉士の仕事であり、介護福祉士は、国家資格でもあります。

国家資格は試験に合格しなければなることができません。

介護福祉士になるためには専門の養成学校を卒業することで卒業と同時に資格を取得することが出来ます。
そして国家資格を受験して合格をすれば、資格を取得することが出来ます。

介護福祉士になるために歯、社会福祉施設で、2年での実務経験も必要で、実務経験は3年以上となっています。
ですから実務経験があって、勉強をした上で、資格試験を受験して合格をすれば介護福祉士になることが出来ます。

例えば社会福祉施設で働いていて、そして通信講座や通学で勉強をして、資格を取得することも可能なのです。

通信講座を受講しただけでは受験できず、実務経験が必要ですから気をつけましょう。

介護福祉士資格取得のポイント

介護技術講習について

平成17年度から介護技術講習制度が導入され、同講習の修了認定者については実技試験の免除が受けられることとなりました。

実技試験について、受験者はあらかじめ実技試験か介護技術講習のいずれかを選択し、介護技術講習を選択した者は、養成施設が実施する32時間以上の講習を受講し、講習内容の修得状況を含めた総合評価や受講態度などを総括的に評価・判断の結果、 修了認定を受けた者には、その者の申請により、介護技術講習を修了した日以降に実際に介護福祉士国家試験(筆記試験)を受験したか否かにかかわらず引き続いて行われる次の3回の実技試験を免除するというものです。